TOPICS

健康の豆知識 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    【甘いものがやめられず、リバウンド・・・】

    冬でも大好物はやめられない・・・  愛しいあなたへ ダイエットに成功したのにリバウンドして、再びダイエット中。でも、なかなか甘いものがやめられず、ストレスがた…

    たま

    たまの簡単ダイエット

    読者になる
  • 2位

    花粉症対策レシピ!ぶりの黒ゴマサラダの作り方。

    花粉症対策にぶりの黒ゴマサラダを作りました。 花粉症改善に必要な栄養素は、EPA、DHAが多く含まれる青魚、ビタミンB6が含まれる食べ物、ポリフェノールを含む食べ物、乳酸菌が含まれている食べ物、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、です。 それらの栄養素が摂れるぶりの黒ゴマサラダを作りました。 白ゴマよりも黒ゴマの方が栄養価が高いので黒ゴマを使って作ったら、真っ黒くろすけなサラダが完成しました。ゴマだけではしつこくなるので上にシソをトッピングしたら、遠目でみたら緑一色になりました。うん、でも味は美味しいです(*´ω`*)b ぶりの黒ゴマサラダの作り方。 材料 1人分 ・ぶりの切り身 1つ ・赤パ…

    くまさん

    くまさんの健康ひとりご飯

    読者になる
  • 3位

    股関節に良さそうなので備忘録

    以前から股関節のことで記事を書いているので色々ご質問など受けること数件。 股関節で悩んでいらっしゃる方は以外と多いのかもしれないと思います。 火曜日夜8時朝日…

    ゆみまる。

    ゆみまる。の健康美ブログ。

    読者になる
  • 4位

    注意すべき最先端ガン治療法

    ガンは「不治の病」から治る病気へと印象が変わりつつありますが、それにつけ込んで「治せる治療法」が続々登場しています。こういった「最先端のガン治療法」をうたった書籍や広告をよく見かけますが、本当に効果があるのか怪しいものも多いようです。必要なエビデンスつまり科学的根拠とは、人に対して効果があるかどうかの裏付けのことを意味します。一般的には人を対象とした臨床試験で有効性が証明され、その結果が第三者による査読審査で受けて学術雑誌に掲載されているのであれば、エビデンスが十分とされています。ただしこの場合でも問題となることがあり、ある治療法が100%の人に有効という事はまずありません。ガンの場合は30%の有効率で効果ありと判定されていますので、70%の人には効果が出ないものです。またたまたま臨床試験では30%有効となって...注意すべき最先端ガン治療法

    ごっとさんのブログ

    ごっとさんのブログ

    読者になる
  • 5位

    お茶会〜フルーツサンドに薔薇の香りの紅茶(^-^)

    こんにちは皆様と美味しい紅茶を楽しむお家サロンMoteaRoom-モッティールームより日本紅茶協会認定ティーアドバイザー  &中国政府公認職業訓練資格 中国茶…

    紅茶教室モッティールーム

    紅茶教室モッティールームへようこそ

    読者になる
  • 6位

    【温活や冷え取りで体調不良が直るはうそ??】

    靴下の重ねばきしてる?  愛しいあなたへ 健康診断に行ったとき、内科医から「お腹が冷えてるね。おなかを温めなさい」といわれたことがありました。だるさなどの自覚…

    たま

    たまの簡単ダイエット

    読者になる
  • 7位

    冬の基本Cコース~和風~

    こんにちは今年は暖冬で私たちにとっては暖かく過ごしやすいので、ありがたいですけどスキー場は雪が降らず頭を抱えてるようです 今日は冬の基本コースから和食のコース…

    ロイヤルクイーン

    ロイヤルクイーンの日々徒然

    読者になる
  • 8位

    冬場,暖房は20度が適切:ホント?

    好奇心旺盛なHobenさんが、時事、トレンド、健康、グルメ、科学ニュースに一言解説

    Hobenさん

    HobenさんのBlog

    読者になる
  • 9位

    もち麦ってやっぱりいいのね

    以前、業務スーパーで800g400円以下であったので、買ってみたのだけど。そのときはただ、ダイエットにいいと言ってたような。 程度のうろ覚えで、ちょっと食べて…

    みーしゃ

    アラ還の手習い

    読者になる
  • 10位

    男性が基準の医学の世界

    今の医療制度、治療法、研究の支援などは、人口の半分を占める女性たちが使うにはあまりに穴だらけのようです。男性が支配してきた医学の世界では、治験も主に男性が対象でした。あくまでも男性が「基準」であり、新薬の効果も男性だけ調べれば事足りるとされてきました。妊娠・出産が可能な年代の女性は安全面の理由から除外され、それ以外の女性もホルモンの男女差を関連要因から除外するために対象から外されていました。私が臨床試験に関係していたのはもう20年以上前で、実際に携わるわけではなく結果の報告を受けていただけですので、男女比率については記憶があいまいになっています。臨床試験の第Ⅰ相は、健康な成人に安全性や薬物代謝など基礎的データをとるもので、昔は学生アルバイトを使っていました。ホテルに3,4日缶詰になり、何回か血液検査を受けるだけ...男性が基準の医学の世界

    ごっとさんのブログ

    ごっとさんのブログ

    読者になる
  • 11位

    アフタヌーンティーしてきましたよ〜(^-^)〜in京都〜

    こんにちは皆様と美味しい紅茶を楽しむお家サロンMoteaRoom-モッティールームより日本紅茶協会認定ティーアドバイザー  &中国政府公認職業訓練資格 中国茶…

    紅茶教室モッティールーム

    紅茶教室モッティールームへようこそ

    読者になる

「健康ブログ」 カテゴリー一覧