chevron_left

「健康」カテゴリーを選択しなおす

cancel

目の健康ブログ村 過去記事

  • お子様の診察と注射を安全に行うために

    大人でも病院は嫌なもの。まして小さなお子様なら尚更です。 ストレスに感じる診察や注射はなるべく短時間で済ませて、お子様のストレスを軽減させてあげたいですよね。そのためにはご家族の協力が不可欠です。 嫌がって動くと、診察しづらく苦痛の時間が長引きます。また、処置を行う場合は、動くことによりお子様に危険が及ぶことがあります。 そのため、未就学児~小学校低学年くらいまでのお子様は、以下のような点に注意して診察を受けていただきます。 お子様には事前に、なぜ診察や注射をしなくてはならないのかを説明して、なるべく理解してもらいましょう。「病気にならないようにするための注射だよ。」とか「注射をしないと怖い病気になって、高熱が出て幼稚園を休まないといけないよ。」などで良いと思います。 注射であることを隠してはいけません。お子様が病院に対して不信感を抱き、病院嫌いになるかもしれません。 また、注射や診察を頑張ったら何かご褒美をあげる約束をしておくと良いでしょう。 頑張って注射したらアイスを買ってあげる、やゲームをして良い、などでもよいと思います。 注射や診察時はなるべく保護者の方の膝に乗せて受けて頂きま

「健康ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)