サプリメント 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/29 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
まるふくさん
  • 情報提供正常細胞ががん細胞を排除する仕組みをハエで解明 糖鎖ブログまるふくさんのプロフィール
  • 〜正常細胞の表面タンパク質Sasががん細胞に結合して排除〜がんは少数の細胞が変異を起こし、徐々にがん化することで発生します。つまり、がんの発生過程初期では、がんの元になる細胞は正常細胞に囲まれた状態にあります。がんの元になる細胞が正常細胞に囲まれると組織から積極的に排除されることが、ショウジョウバエの組織や哺乳類培養細胞で知られています。今度、京都大学大学院生命科学研究科の井垣達吏教授、山本真寿大学

2位
まるふくさん
  • 情報提供男性不妊症(無精子症)の原因の一端を解明 糖鎖ブログまるふくさんのプロフィール
  • 〜ヒストンの異形種が精子幹細胞の機能に必須〜加齢と共にいずれはなくなる卵子とは異なり、年を経ても精子は存在します。これは、精巣の中に精子の“もと”となる幹細胞が存在し、それが自分と同じ幹細胞を作り出す細胞分裂(自己複製)と、精子を作り出す細胞分化の両方の機能があるためです。この幹細胞の仕組みに何らかの異常が生じると、精子を作ることが出来なくなり、最終的には無精子症となります。今度、中部の大学の上田

3位
まるふくさん
  • 情報提供ビタミンDが体内の脂質量を抑制 糖鎖ブログまるふくさんのプロフィール
  • 〜メタボや癌の予防に期待〜生物は脂質の量を様々な方法で調整しており、脂質調整に異常があると、メタボリックシンドロームや癌などの疾患を引き起こします。今度、京都大学の上杉志成教授、大学院医学研究科浅野理沙博士課程学生らは、生体内に存在するビタミンDが、脂質合成を抑制することを発見しました(2017年1月27日リリース)。本研究では脂質生合成の指令塔である転写因子SREBPに注目し、ビタミンD代謝物がSREBPの
4位 サプリメントアドバイザーさん
  • 情報提供L-カルニチンについて サプリメントの基礎知識と選び方バイブルサプリメントアドバイザーさんのプロフィール
  • カルニチンには2種類あり、それぞれ L-カルニチン、D-カルニチンと呼ばれます。これらは互いに鏡に映した関係にあり、重ね合わせることができません。たとえば右足用の革靴を左足に履けないようなものです。L-カルニチンは、必須アミノ酸のリジンとメチオニンから生合成される分子量161.21の非常に小さな化合物で、人間だけでなく、昆虫や鳥、哺乳類など、地球上のほとんどすべての生物の体中に存在する成分です。私たちの筋肉細胞
5位 サプリメントアドバイザーさん
  • 情報提供ヘスペリジンについて サプリメントの基礎知識と選び方バイブルサプリメントアドバイザーさんのプロフィール
  • ヘスペリジンとは、柑橘類に多く含まれている栄養素で、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一種です。ヘスペリジンは発見された当初、人間の生命活動に必須の栄養素であると考えられていたため、ビタミン類の一種として「ビタミンP」と名付けられましたが、厳密にはビタミンではないことが明らかとなり、現在、ヘスペリジンはビタミン様物質として扱われています。ヘスペリジンの他にも、ルチンやケルセチンなどもビタミンPに
6位 ヨシポンさん
7位 リリー・サプリンキーさん
更新時刻:17/03/29 07:30現在